要らないモノばかり?! イギリスヴィンテージマーケット。 | Ramsgate -輸入雑貨ラムズゲート-

BLOG

2019/02/03 01:01

イギリスに少しの間滞在しており、蚤の市、雑貨店、フリーマーケットなどを巡って集め

アンティーク、ヴィンテージ雑貨、ジャンク品等を出品しております。

Ramsgate -輸入雑貨ラムズゲート -


写真はロンドン西部の、教会で行われていたヴィンテージマーケットの写真です。



コンセプトがヴィンテージのため、音楽もヴィンテージにきめられており、


60年代風ファッションのシンガーがクラシカルなドレスにスタンドマイクで唄っておりました。



イギリスのマーケットで受けた印象は、マーケットに行くということ自体が日常の過ごし方であるということ。

子供から大人、本当にお金に困っている人から、アーティストまで、マーケットに出向くということ。



買い物として楽しいのは、沢山のジャンルの中から何かを見つけるということです。

誰かにとってはとても要らないものですが、誰かにとってはとても必要といものが多いのもマーケットの魅力です。

どこにでもありそうだけれど無いものもあります。


または似たようなものが100均で手に入る場合もあります。

でもそれは外国のマーケットで並んでいたという事実もあります。

朝早くからディーラー達が、「こんなもの誰が買うんだ」といったものを準備をし、並べて売っている。

無頓着なのか、わざとなのか、汚れも味とみなされたり壊れているものもあります。


私は、イギリスアンティークといえば、、、といったようなお馴染みの品を集めることに飽き、「要りますか?」

というものを集めるようになりました。が、なるべくディスプレイとして使えるものなどを出品していきたいと思っております。


ここまで読んでいただきありがとうございます。


まだ出品数が少ないですが、少しでも楽しんでいただけると幸いです。



https://ramsgate.thebase.in/items/16887751

↑こちらは別の場所での購入品の「アイアンベル」なりますが、

このマーケットのイメージに合うので今回おすすめにさせていただきました。